<< 2017.4.14 芳川沿いの夜桜4/10 | main | 2017.5.31 佐鳴湖5/31 オオヨシキリ、カワセミなど >>
2017.08.07 Monday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2017.05.24 Wednesday

    2017.5.24 静岡銀行決算H29.3期

    0
      計算をエクセルで自動化しつつ7年目。
      地元金融機関の決算分析。
      一応断っておきますが、趣味で行っているものですので責任は持ちません。
      金融機関の決算は素人です。

      使用データはこちら
      地元信金との比較のため単体決算を使います。

      地元金融機関比較.jpg

      昨年対比(個別)

      H28.3 経常収益(売上)186,952百万、経常利益 66,073百万、当期純利益 43,982百万
      H29.3 経常収益(売上)210,649百万、経常利益 51,807百万、当期純利益 24,433百万

      増収・減益です。
      増収の要因は、貸出金利息+2,319百万、有価証券利息配当金-5,220百万、国債等債権売却益-8,203百万、株式等売却益+32,889百万、です。
      株式等債権売却益の増加が大きいです。
      経常費用は、国債等債権売却損が+26,530百万円、国際等債権償還損が+6,695百万円増加しています。
      特別損失ですが、関係会社株式評価損が+12,370百万円となっています。
      有価証券関係の損益が目を引きます。

      貸出金/預金(いわゆる預貸率)

      H28.3 7,663,662百万/9,002,385百万=85.1%
      H29.3 7,955,256百万/9,304,094百万=85.5%

      微増です。
      誤差の範囲かもしれません。
      地元信金は昨年50%台でしたので、高い数字です。
      この7年間一貫して分子分母とも増加しています。

      預け金(日銀への預け金だと思います)

      H28.3  486,968百万
      H29.3 1,022,199百万

      今年はコントロールできなかったのか意図的にそうしたのか、かなり預け金が多いです。

      有価証券

      H28.3 2,203,985百万(うち、国債613,320、地方債18,773、社債178,078、株式351,323、その他の証券1,042,490)
      H29.3 1,365,385百万(うち、国債438,465、地方債59,236、社債195,964、株式342,294、その他の証券 329,424)

      かなり減少しています。
      特に国債その他の証券の減少は大きいです。
      その分預け金に回っていると思います。

      貸付金利息/貸出金

      H28.3 93,003百万/7,663,662百万=1.21%
      H29.3 95,322百万/7,955,256百万=1.20%

      この7年間下がり続けています。
      6年前は1.58%でした。

      有価証券利息配当金/有価証券

      H28.3 29,792百万/2,203,985百万=1.35%
      H29.3 24,572百万/1,365,385百万=1.80%

      前期より増加しました。
      分母を期末の有価証券残高としています。
      期末近くで売却等したので、率は上昇したのでしょうか。

      預金利息/預金

      H28.3 5,548百万/9,002,385百万=0.06%
      H29.3 6,877百万/9,304,094百万=0.07%

      ほぼ同率
      もうすぐ10兆円です。

      国債等債券売却益

      H28.3 22,127百万
      H29.3 13,924百万

      減少しました。
      前述の通り、売却損や償還損もあります。

      貸倒引当金繰入額

      H28.3 2,019百万
      H29.3 3,394百万

      2年連続繰入です。
      以前は戻入がデフォルトだったのですが。

      有価証券利息配当金/貸出金利息

      H28.3 29,792百万/93,003百万=32.03%
      H29.3 24,572百万/95,322百万=25.78%

      有価証券が減少し、配当金等も減少したので、減少しました。

      (総評)
      今年は、派手に有価証券の売買等をしています。
      リスクヘッジはしているのでしょうが。
      本業は貸引の増加が少しだけ気になります。

      JUGEMテーマ:経済全般



      2017.08.07 Monday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Search this site.
        Calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << June 2018 >>
        Others
        Profile
        PR
         
         
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Recent Trackback
        Links
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM